スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/29放送分 「終わりは始まりなり」をテーマに選曲&噂のアノ曲をオンエア!

遅くなりましたー。
ではでは先週分のでございます。

えー、欣ちゃんは昔からポジティブシンキングだったようです。
うらやましいを通り越して、すごいなぁって思いました。

*追記
 放送日の日にちを間違っていったので訂正しました。
 あぁ、恥ずかし。



皆さんこんばんは。
東京スカパラダイスオーケストラ・茂木欣一です。
JUSTA RADIO、東京半蔵門にあるTOKYO FMからお届けしま~す。

さて!時間的には日が変わって、3月1日となりましたね。
え、でも今年はうるう年ということで、えー、オリンピックイヤー
2月は29日まで、ありましたね!
あのいつも思うんだけど、2月の29日が誕生日の人は、一日移動すんですね?
28か3月1日に。パーティーを。
そういうことですよねー。
いやぁ、2月の29日生まれの人に、ちょっと会ってみたい!(ウィスパー)ウフフフ。
ねぇ!そんな人、えーいらっしゃったらメールの方、ちょっとくださいね。ほんとにね。

まぁスカパラ、1月はレコーディングで忙しかったりして
2月もね結局ね、あの完成すると完成したでまた、いろいろ始まることがあるんですよ、実は。
今日のテーマも被ったりするんですけれどもね。
2月も忙しかったねー!
で、こんなメールもいただいております。
京都府の、ありがとねー京都から。R.N華さん
突然ですが、私はそろそろ大学生になるんです!
楽しみな気持ちも半分ですが、不安もいっぱいです。
そこでそんなモヤモヤ感を吹き飛ばしてくれるようなステキな曲、かけてください。
お願いします!

って書いてあるんですけれどもね。
そ、こういう気持ちな人、たくさんいらっしゃると思います。
で今ちょっと触れた、えー完成したらまたそこからスタートすることがある、みたいな話もしましたけれどもね
やっぱり3月に入ると、こう卒業だったりだとか
でー今度は入学の準備があったりとかってそういう話も、いろいろ聞こえてきますけれどもね。
そこで今夜のJUSTA RADIOですけれども
つまり、3月、終わることは始まること、そんなことをテーマに
えー僕・茂木欣一が選曲していこうかな、と思いました。
さらに!えー今夜も、もう今月ですね。
3月の26日にリリースされます、我々のNEWアルバム「Perfect Future」からの音源!
オンエアしたいと思ってますので、お楽しみにしていてください!
それでは、今夜もこれからの30分間、最後までヨロシク~!


♪Along the longest way...


東京半蔵門にありますTOKYO FMからお送りしているJUSTA RADIO。
今夜は、えー「終わるということは始まるということ」をテーマに僕・茂木欣一が選曲しています。
まず一曲目聞いていただいたのは、ご存知、KEMURIですね。
えー、「Along the longest way...」、え、ライブバージョンです。
これは3月の5日にリリースされます、彼らのライブアルバム「ALIVE ~Live Tracks from The Last Tour“our PMA」ということなんですけれども
まぁ僕も、KEMURIの解散ライブ、12月のえー最終公演、見に行ってね。
もう、すごい熱気だったけどね。
ほんとに、思い出しますけれども。
その時のえー、音源がこうやって完全版として2枚組みのCDで
余すこと、ことなく収録された、という感じですね。
2枚組み40曲が入ってる、そんな「ALIVE」ですけれどもね。
だから、あのー音楽やってていいなって思うのは
常に、こう、その時の、きお、記憶というかね、うん、記録というか。
そういうものをこういう形で残るというのは
やっぱり、あの、素晴らしいことだなーって、思ったりしてて。
だから皆もあのー、普通に今デジカメとかでガンガンいっぱい写真とか撮れるよね。
あれってやっぱりこう、そん時見返すと
「ま、別にこんな写真、いいか」とかって思うんだけど
やっぱああいうのって時が流れると、こう、なんでもなかったなーって思ってた写真に
急に重みが、出たりする瞬間があったりしてね。
何とも言えないものがあるんだけれども
そういうものも大切に、していってもらいたいなんていうことを
今、今の音源とかを聞いても、ふと、思っちゃうんだけどね。うーん。
そうねぇ、やっぱ卒業、卒業。
まぁこうKEMURIの場合は解散とかしているんですけれども
伊藤ふみおさんと実は、えー今回、スカパラの最新アルバム「Perfect Future」で
えー実はね、こう、繋がりあってるわけなんですけれども
それは後ほど、お届けしたいと思っておりますのでね。
そう、卒業とかっていろいろ思い出すと
もうねぇ、もうなんつーか、どうしようもないんだよね!
こう、これで、例えば中学生の自分にさよなら!とか高校生の自分にさよならっていうのはあって
つまりさよならってことはやっぱりこう、次に何かが開始されるっていうことでね、うん。
その準備も始まるしってことで
意外とそう考えると(笑)、忙しいもんだなーと思って。
僕、高校の、あのー、卒業するときに、もう実は、えー(笑)一年浪人することはその時は決まっていて
そん時始めてこう、なんていうか
あ、この一年って、こういう、なんかことって今までなかったなーって
どうやって過ごそうかなー、なんていうことを、あの漠然とすごい実は、楽しみにしてたっていうかね
どんな時間が流れるんだろう?どんな風に時間を過ごすんだろうっていう
自分を楽しみにしてたっていう、すごいあってね。
でもやっぱりできるだけ、バンド活動は控えて勉強しないと
あの、親に申し訳ない、なんてこと、いろんなこと(笑)考えたりも、しましたけどね。うん。
だからまぁ、浪人は浪人として
じっくりと!自分ってものを考える時間っていうのは、えー、大事なので
それは忙しい中にそれなりに作るってことが大事なんだな、っていうことも
覚えておいた方がいいな、と思いますね。
物思いにふける時間って、あのー、やっぱ重要だと思うんだよね。
その、なんか実になって、その時形として実になってないかなーと思っても
そのいろいろその時に思い描いたことって、だんだん、後で一つの実になっていくことは間違いないので
え、無駄は、ないです!ということは、えーここで伝えておきたいな、と思います。

えー、「終わるということは始まるということ」をテーマに、次の曲、いってみましょう。
えー、OTOUTAという、これは、えー僕の昔からのだい・・・とっても大切な友達、ベーシスト・柏原譲ですね。
彼が新しく始めたえー音楽プロジェクトですけれどもね。
ピアニストと、えーポイントリーディングする人、そして柏原譲のベースの3人でやっております。
ドラムのサウンドは打ち込みだったりするんですけれどもね
彼のベースが入るとまぁ、全てがこう、躍動感を持って聞こえてくる。
そんなOTOUTAというユニットの、これはデビューアルバムですね。
新しいことをスタートさせた、え、柏原譲ですけれども
そんな中から一曲聞いてください。
これは、えー、ニーノ・ロータの作品から「La Strada」です。
どうぞ!


♪La Strada


いやぁ、この時間帯にたまらんねぇ~。うん。
お送りしている曲は、OTOUTAという、えー柏原譲が作りました、新しいユニットですね!
え、曲は「La Strada 道」なんですけれども
これはOTOUTAのデビューアルバム「La Dolce Vita」というアルバムなんですが
えー、そうですね、主に映画音楽を、え、作曲しております、ニーノ・ロータの作品を
彼ら流に料理した、というね、そんなアルバムなんですけれども
これすごい気持ちよくて、僕もこのアルバムを、え、バックに
家でこう、ワインとかを飲んでたり(笑)
すごい、すんごいいい気分になっちゃってね。
これたまらんぞー!みたいな感じで
ほんとに、こっちも料理されてしまいました、という感じなんですけれどもね。
えー、非常に気持ちいい、いいサウンドなんで、ぜひ皆さん体験してみてください。ですね。

さて、続きまして、えー「終わりは始まりなり」というテーマでお送りしていますが
やっぱりねぇ、あのー先輩のね、先輩のやってること
先輩ってすごいなってこう、自分が年を重ねるごとに思うんですけれどもね。
なんだろう、こう、どんどん人生に対する迷い、みたいなのがなくなっていくんですかねー。
こうどんどん、潔くなっていく、というか。
ま、大胆でもあり、ちょっと若い人からすると
「それちょっと恥ずかしくないッスか?」みたいな瞬間も(笑)あったりもすると思うんだけれどもね。
そういうのも含め、こう、先輩、人生の先輩はどういう風に、え、年を重ね
どういう風に、えー、行動してるかってのはこう、いっつも注目してしまうんですけれどもね。
じゃあそんな音楽の、えー先輩が、どんな風に歩んできたか、というのをね
ちょっとこう歴史を遡ったところでいってみたいと思いますね。
これは1940年代、そうだなぁ、あのーベニー・グッドマンの楽団だとか
えーその辺が流行った、もうスウィングの時代ですね。
え、ジミー・ドーシィ楽団、JIMMY DORSEY AND HIS ORCHESTRAの演奏いきたいと思います。
当時の大ヒット曲です。
「THE BREEZE AND I」。


♪THE BREEZE AND I


はい、お届けしました~。
ジミー・ドーシィ楽団、え、1940年の、NO.1ソングですね。
「THE BREEZE AND I」、1940年だよ!すごい話だよねぇ!
マイクとかもさぁ、あのー、一本で、こう、演奏を録りつつ
きっとその演奏のマイクは一本、ボーカルのマイク一本みたいな感じなんだろうけど
この、このサウンドのクオリティね!
だから要は皆でバランスを取り合って、やっぱり耳がいいんだよね!うん。
その集中力たるや、ほんとすごいモンだと思いますね。
やっぱり演奏の技術も相当なモンだと、思うし
ね、ベニー・グッドマン、あの物語の映画とか、そういうの見ても
もう、たまらんものが、ありますけどね。ほんとにね。
先輩のこういう演奏を聞きながら刺激されていくんだなぁ、俺もなぁ!
えー、ジミー・ドーシィ楽団、えー素晴らしいベスト盤があったりするので
ぜひ聞いてみてくださいっ!

あ、ここに!そうねぇ、「欣ちゃんが今卒業したいことは?」って書いてありますけれども。フフッ。
卒業したいこと、一つあげると遅刻だね!
これはなんとか卒業したい!
最近ねー、今年に入ってから、でも、あのー遅刻は随分は(笑)減ったと思うよ(笑)
あのー、やっぱりね、時間より自分が早めに到着しているって
なんて気持ちのいいことなんだろうって思って。
そしてやっぱり頭ん中も、すごいクリアだしねー。
早めに着いているとこう、いろんなことに向かう準備というものがよりできていくなーってことが
あのーものすごい感じていて。
ほんとに、えーそれまでの僕の10代、20代、30代ってのはほんとにもう(笑)
時間に、ほんとに間に合わないことが多くて
ほんとにやだなぁ!そんな自分を卒業したいなぁ!と思ったんですけれども
最近その遅刻から卒業、でき、つつ、ある?ヘヘヘ。って感じですけれども。はい。
まぁ、えーそうだな。
今年、こう、いろいろね、学校とか卒業して社会人になるとかいろいろあると思うんですけれども
そんな人たちに一言送りたいのは
まぁ、僕が一つ思うのは、「常にチャレンジャーであれ」ってことですね。うん。
あの、一歩踏み出すってこと、あのー自分で一歩踏み出さないと何も生まれないし
で、こう、やっぱり自分を、自分を盛り上げるってことは結局、自分の責任なんで
自分で自分を盛り上げるしかないっていう、そういう気持ちみたいなものは
あのーもってたらいいなっていう。
誰かに、あのー期待するのもすごい大事ですけれども
期待して待ってるだけでは何も始まらないし
自分で一歩踏み出すっていうことが僕はすごい、大事だなぁと思うし。
でー、あのースカパラの音楽・態度も常にそうありたいな、という気持ちは持っております。

ね、そんな我々・東京スカパラダイスオーケストラの13枚目
通算13枚目となるNEWアルバム「Perfect Future」からの音源
今日もおかけしたいと思いますが今日はすごいよ!(かなり興奮してらっしゃるご様子)
一曲目にかけました、えーKEMURIでボーカリストをとっておりました
伊藤ふみおさんをフィーチャーした曲を、いってみたいと思いますね!
えーメールも届いておりますが、まずはその曲をかけてみましょう!
東京スカパラダイスオーケストラで、曲は「Pride of Lions」!


♪Pride of Lions


お送りしているのは、我々・東京スカパラダイスオーケストラの通算13枚目のNEWアルバム「Perfect Future」より
曲のタイトルは「Pride of Lions」というタイトルですね。
えー歌詞の中にもありますけれども
「share a dream with us」という、僕たちと一緒に、えー夢を分かち合おう!という
そんな気持ち、です!
ほんとにこれはあの、谷中敦の歌詞の中でも
ほんっとに、えー素晴らしい、最高峰の方じゃないかと、僕は思いますけれどもね。
アルバムの方には対訳の方も、えー載ると思いますので
でひ、そちらの方もね、発売待って、購入したらぜひ、読んでみて下さい!
素晴らしい一歩が踏み出せるんじゃないかと、思います!

えー、R.N。横浜市のマリコさん。
FACTORYで燃焼しました!
あの、FACTORYというのはフジテレビでやっている公開ライブなんですけれどもね。
これにスカパラ出たんですけれども
えーまさかあんなに盛り上がるとは!
スカパラすごいです!
ふみおさんすごいです!
アルバムとツアーが楽しみすぎます!
音を心に繋ぎました!
次回も戦うように楽しむぞ!

と書いてありますね。
ほんとに13枚目のアルバム「Perfect Future」
もう先週も言いましたけど、ついに
あのーこの10人でほんとにマスターピースを作ったっていう気持ちで、えーいっぱいです!
最高傑作ができました!楽しみに待っていてください!
3月26日、発売です!ね。

さて!えー東京半蔵門にあるTOKYO FMから
東京スカパラダイスオーケストラ・茂木欣一がお送りしてるJUSTA RADIO
そろそろお別れの時間となりました。
えー番組では皆さんからのメッセージお待ちしています。
えーケータイ・PC共に番組HPからお送りください。待っています!
JUSTA RADIO、ここまでのお相手は東京スカパラダイスオーケストラ・茂木欣一でした。
明日からお休みの方はお疲れ様!
で、受験の方、皆さんがんばってくださいね!
では来週のこの時間まで、バイバイ!

COMMENT

きゃー!
ほんとに読まれてるー(> <*)やったーv

こうやって喜べるのもピグミーさんのお陰です!!
感謝感激雨太陽!!(@∀@)/``
2008/03/04(火) 21:35:44 | URL | 華 [Edit
>華さん

よかったねー!
しかも欣ちゃんに感謝されてるし!いいなぁ!
でも私も自分のことのように嬉しいです(≧▽≦)
2008/03/05(水) 09:38:52 | URL | ピグミー [Edit

Comment Form


秘密にする
 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

ピグミー

Author:ピグミー
【生息地】
 光と闇が交差する街・東京
【職業】
 貧乏学生3年目
【好物】
 東京スカパラダイスオーケストラ&other works(命の源
 ジャズ、ラテン、ボサノヴァ(詳しくはない
 四季を体いっぱいに感じること
【趣味】
 サックス(下手の横好き
 料理(超自己流
【特徴】
 雨女
 声はデカいが体は小さい(under 150)
 早とちり魔
 凝り性
 好きなことにはとことん打ち込む
 涙もろい
 人見知りが激しい
 年齢不詳(いろんな意味で
 小心者 but ときに大胆
【参戦予定】TSPO
 東京スカパラダイス国技館(3/27)
 東京スカパラダイス体育館(4/24)



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最新の記事



ブログ内検索



08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 雨女の軌跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。