スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/30放送分 スカパラ近況報告!

お待たせしました!
二週間前の放送ですが・・・お楽しみくださいませ!!


皆さんこんばんは。東京スカパラダイスオーケストラ・茂木欣一です。
JUSTA RADIO、東京半蔵門にあるTOKYO FMからお届けしています。

さて!こうね、11月30日の深夜なんですが日付自体は変わって、12月ということで。
12月1日、師走だよぉ~。
気付けばね、2007年、あと1ヵ月ってなんか信じらんないなぁ!
すごいスピードで今年もえー、駆け抜けてきましたけれどもね、皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?
まぁ毎年こうね、12月になるとなんか遣り残したこと、あるんじゃない?
目標は?達成できた?とかいろいろ言うけどね
そりゃ遣り残したこといろいろ、あったりはするよね!うーん。
ま、それよりも12月生まれの僕としてはね(笑)、
30代が、30代があとわずかで終わる!!
っていう、今年はねぇ、そっちの方がでかいね!うーん。
なので、えー西暦の最後に7がつくといつもね、そこはドキドキしちゃうんですけどもね。
30代が、終わるのかぁ~(若干ウィスパー)
そっちの方が大変だよなー、俺としてはなぁ~。
さぁそんな2007年の師走なんですけれどもね。
我々東京スカパラダイスオーケストラ、現在Autumn-Winter TOUR
もうほんといよいよ終盤ですけれどもね。
もう残すところはあと6本!
和歌山、えー金沢、長野ときて
東京は12月の11・12日、この日本武道館の2Daysなんですけれどもね。
いやぁ~(ウィスパー)・・・まだまだ先と思ってたらもうやってきたよ(笑)早いねー!

今夜のJUSTA RADIOですけれどもそんなAutumn-Winter TOURの話なども織り交ぜながら
久しぶりにね、茂木欣一がセレクトしたナンバーをお届けしていきたいと思っております。
それでは今夜もこれからの30分間、最後までヨロシク!



♪Who Loves The Sun


東京半蔵門にあります、TOKYO FMからお送りしています、JUSTA RADIO。
オープニングナンバーは、え、僕・茂木欣一がセレクトしたThe Velvet Undergroundで
「Who Loves The Sun」。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドはね
ルー・リードとジョン・ケイルが在籍していたバンドとして有名ですけれども
あのー、もう今のは非常に、ものすごくポップでキャッチーなナンバーですけれどもね
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドはいろんな、いろんなタイプの曲があって
ん、んもう超アバンギャルドなね、なんなんだコレっていう曲もね、いろいろあります。
もうほんとにノイジーなやつとかね。
あと、あ、そうだ!
スカパラであのー、皆さんご存知の「White Light」という曲がありますけれども
あのーヴェルヴェット・アンダーグラウンドのアルバムで「White Light/White Heat」というタイトルのアルバムがあって
おそらく、そこから加藤くん、そのタイトル確かつけたという記憶が残って、おります。


さて、我々東京スカパラダイスオーケストラ、現在Autumn-Winter TOUR中ですね!
今週はね、水曜日に三重県文化会館。もう一昨日やってきたばかりですけれどもね。
三重県、もう・・・
ツッ!!ね!
コレに尽きるね、もうね。
津!やってきました。ほんとにね~。
先週はあのーメールマガジン、見てくださった方も
あのー写メの方で確認していただけたかなと思いますけれどもね。
えー、新潟からスタートした後半戦、仙台、山形、旭川、岩見沢、と!ね。
東北・北海道ライブだったんですけれどもね
まぁそんな中でもとってもとってもスペシャルな夜となりました!
テナーサックス・Mr GAMOのね、ほんとにあのー地元であります、岩見沢でのライブだったんだけどね~
まぁまずは山形から旭川にね、こう飛行機で移動したり。
飛行機がさ、すごいちっちゃいやつでさ(笑)、揺れんのよ、とにかく!
もう着陸の時とかね、結構あのーもともとあんまり僕自身は、飛行機得意じゃないんでね
ドキドキしちゃったんですけれどもね。
ま、到着して、到着して着陸後GAMOさんの顔見るとね、
北海道の人の顔に。なんかもう緊張感が。
「あ、やっぱりこの人北海道の人なんだな」っていう
急にね、あのーキリッとした横顔になっててびっくりしたんですけれどもね。
でー、ま、GAMOさんはじめ、皆で北海道入りしましたけれどもね。
でー、最初行ったのが旭川、えー、カジノドライブという、なかなかロックンロールな
えー名前のライブハウスで、やったんだけどね。
すごい、今回のツアーで一番小さい
えー、キャパとしては最小の300人入ったらいっぱいというライブハウスだったんで
すっごい盛り上がりだったよね~、楽しかった~。キャジノドゥライヴね。
あの(笑)、でもライブする前日に旭川入ったんですけれども、外は雪道でね。
歩き始めた途端に転倒してしまいまして。
でも(笑)あの、ハナレグミの永積タカシくんみたいに骨折したら
ちょっとライブ、延期になってたからよかったよ、上手く転べて。ほんとにねー。
いや~。ちょっとね、あの~ほんとに(笑)普段雪に慣れていないもんでね
北海道の方に笑われてしまいそうですけれどもね。
歩き方、気をつけます!
まぁそんな感じであのー、ほんとに大雪の中で、もう、北海道入りしたわけなんですけれども
もうあとね、いよいよ来ますよ、岩見沢にね。
電車で移動して、あのーGAMOさんが
「いや、岩見沢駅の駅舎がねー昔、火事で焼けちゃったんだよ」
っていう話をそういえば聞いたなーとと思ったんですけれども
立派な駅が、できてましたよ。ねー。
皆、皆で下車しまして、そいでね、もうホテルチェックインして。
ま、僕ちょっと休んでたんですけれどもね、メンバー数人はね、GAMOさんの家に、行っちゃってました!
もうね、僕もGAMOさんのウチ、すごい行きたかったんだよ!
あのグーグルアースってあるでしょ。
グーグルアースであのー、インターネットでこう
地球上のね、いろんな場所を、もうズームしていくとほんとによく見えるあの航空写真?あるんですけれども
それでねぇ、あの岩見沢のGAMOさんち探そうって前、どっかのスタジオでリハーサルの合間の休憩時間にやってるときにね
GAMOさんの家がすっごい、キレイな写真でズームアップできて
お!ここなんだー!いつか行くぜぇ!
みたいな話を当時していたのを覚えていたんですけれども
僕はだからそん時、行くぞ!と思っていたんですけれどもね
なんか、メンバー何人かが行っちゃって
僕、置いてけぼりで、ちょっとあの、ね。
ちょっと部屋で腐ってたんですけれども(笑)
なんでつれてってくんないの!とかって思いましたけれどもね。
前日はあのー、ライブの前日GAMOさんを囲んで
もうメンバー、スタッフも集合してあのー、岩見沢来たね!っていうことで飲んでたりしたんですけれどもね。
でー、そんなステキな空気の中、当日がやってきて会場行ったんですけれどもね。
あのー
「おかえりなさいGAMOさん」
ってすごいこう幟って言うんですか、看板がこう、会場の外にすでに楽屋口にね、あって
コレは相当、もうすごいことになるぞって思って。
で楽屋に入ると、えースタッフ楽屋、メンバー楽屋、そして一番奥に
GAMO様!
個室ですよ。もうねー。
でちょっとお邪魔させてもらったら、あのー、地元の小学生が描いた
あのー、GAMOさんの似顔絵が、二つほど飾ってありまして。
もうその時点で泣いちゃいそうになっちゃったけどね(笑)
えー、皆大好きGAMOさん!みたいなことが書いてあって
これはほんとにいいライブになるなぁと思って。
まぁ僕もライブの感想言おうと思ったんだけどね
あのー、東京の方から駆けつけてくれた人がいて、あのメールが届いているんでそっちを読もうと思います。
東京都大田区のR.Nゆいなさん。
欣ちゃんこんばんは!
スカパラツアー岩見沢公演、参戦しました。
もちろんテナーサックス、Mr GAMOの初凱旋ライブだからです。

えー東京在住の私、仙台&大阪&札幌在住の友人と
ガモラーという共通項が縁で友人になった仲間が岩見沢に集結!
ね!
欣ちゃんもMCでおっしゃっていましたが、え、大好きなGAMOさんがどんな空気の中で育ってこられたのか、コレを感じてみたかったし、
初の岩見沢でのGAMOさん、そしてスカパラの音、コレがどうしてもなんとしてでも体感したかったのです。
それでどうだったかと言うと、それはもう!ほんとに行って良かったです!最高でした!
今までスカパラをはじめ、数々のライブ、見てきたんですけれども
私のライブ人生の中で一番ジ~ンとくるライブでした!
全ての曲、メンバー皆のMC、そしてとにかくライブ全編からGAMOさんとメンバーそしてスタッフの絆。
20年GAMOさんとスカパラの軌跡&奇跡!
えーそしてお客さんのスカパラ愛などなど、とにかく温かくて幸せなで
私の語彙では語りつくせない、ジ~ンとくるものを感じました。
また必ず行きます!ざわざわざわざわ岩見沢へ!

って書いてありますけれどもねー。
これ素晴らしい文章だと思います。
ほんとに、ほんとに素晴らしい愛が、あの夜にはありましたね。


もう一通!神奈川県のR.Nアズールさん。
茂木さんこんばんは!
えー岩見沢のライブ、行ってきました!
卒論を書き終えた自分へのご褒美に北海道へ飛んだのですが
こんなに素晴らしい体験ができるとは、思っていませんでした。
会場がGAMOさんおかえりなさいムードで始まり、優しい空気に包まれていましたね!
それに加え、メンバーの皆さんがGAMOさんを見るときのすごくにこやかな目と
GAMOさんへの心のこもったメッセージがほんとに温かくて感動しました。
そしてそれを受けたGAMOさんの照れたような笑顔が印象的で、頭から離れません!
私達がいつも感動を貰っているものの奥にある、とても深くて大きな絆があるんだな、と思いました。
また一つ大事なことを教わりました。
心の芯までぽかぽかになって、帰り道も全く寒くは感じませんでした。
すごい!
ほんとにほんとにステキな時間をありがとうございました!
という、嬉しいねー!
もうこの、この二通、これほんとに素晴らしい!
うん、ほんとにね、皆で素晴らしい時間共有できて、リスナーの皆さんにも少しでも味わえて、もらえたんじゃないかな、と思いますね。
ほんとに今回のツアーのはいと、ハイライトだと思うしね。
アンコールでね、GAMOさんが先にステージ上がってあのーサックスソロしたときね
ほんとに泣けたね~(ウィスパー)う~ん。
ということで、ではそのGAMOさんの一人ソロからなだれ込んだ、この曲、いってみましょう。


♪Sweet G


名曲だね~!う~ん!
聞いてもらっているのは我々東京スカパラダイスオーケストラで「Sweet G」!
GAMOさんのあのスマイルが!たまらないのだ~!(超ウィスパー)う~ん!
「Sweet G」、まさに今回岩見沢限定で演奏いたしましたけれどもねー。
この曲ねー、ほんとにえーたくさんの方々からリクエストいただいておりました!ねー。


えーさて、Autumn-Winter TOURも残すところあと6本!
東京は12月11日12日、日本武道館2Days。
どんなライブになるかは、まぁ言えないけどねー!
まぁ、そうねぇ・・・
まず見た目もね、見た目、どんな感じのステージになってるか。
これも楽しみだよね!
あとはあのー、徐々に作り始めているNEWアルバムへ向けての新曲
こっからえー、ならではの演奏ができればな!と。できればな!って思ってますから
えー、そうだね。うーん。
まぁとにかくスペシャルなことがあることは、間違いないよね、これはね。うん。
それしか言えないね!

あ、そうだ、あのーJUSTA RADIOスタッフの、えー皆様のために
北海道から、えー白い恋人を(笑)ゲットしておりますので、そちらの方も後ほど。


えーそしてあのー、日本武道館での2Daysが12月の11日12日という話もしましたけれども
12月の9日、日曜日にあの、大切なライブがZepp Tokyoで行われます。
今年の夏、我々がヨーロッパツアーに出かけているときにね、番組の代役もたんて、担当してくれました
伊藤ふみおさん率いるKEMURI、ラストライブ。いよいよ、いよいよ来ちゃったねー!
リスナーの方からもこんなメッセージ届いています。R,Nかおりさんからです~。
昨夜、KEMURIのイベントに行ってきました!
めちゃカッコよかったです!
ピンチヒッターで伊藤さんが担当した時に聞いた話や、欣ちゃんの話ですごく気になっていたので行ってみました。
あまり知らずに行きましたが、ステージもお客さんもエネルギッシュですごい楽しめました!
最初で最後のライブとなってしまいましたが、心に残る最高の時間でした。
KEMURIの皆さんの音楽はこれからいろんな形で触れられていったらいいな、と思っています。

というね。書いてあります。
現在札幌、名古屋、大阪にてKEMURI EXTRA SHOWと題したライブが行われていまして。
うん、どっかにかおりさん行ったんでしょうねー。
ということで、まぁ僕らもね、あのーツアー中、さっきカジノドライブとか行ってましたけど
旭川のライブの後に食事してたらちょうど
僕らの音楽っていうテレビ番組にふみおさんが出演している映像が流れててね。
こう、音量が出てなかったんだけど
「なんかスカパラのことしゃべってるよ!」
みたいなのもあったりしてね。
12月9日、あのーできるだけ駆けつけられるようにしたいんで、と思っております。
ほんとにね、行かれる方はめちゃめちゃに楽しんで欲しいですね。
ほんとにバンドというものの素晴らしさを感じて欲しいし
もう、そのメンバーだけでしか作れないONE&ONLYの世界だね。
とにかくえー、皆で楽しみまくりましょう!ライブはね。
ということで「Ato-Ichinen」!


♪Ato-Ichinen


東京半蔵門にありますTOKYO FMからお送りしています、JUSTA RADIO。
えー今夜はね、皆さんからのメッセージ、GAMO岩見沢凱旋公演を中心に
東京スカパラダイスオーケストラの近況なども特集してきましたけれどもね。
いかが、でしたでしょうか?
いや~、こうやってKEMURIの曲聴くと、解散やめてもいいんじゃないか!
というくらいにね、ほんとにもう、この充実感はなんなんだろうね?
すごいね~、こうやって聴いてるとね。うん。
まぁでも解散を決意した、もうすごい、ね、すごい気持ちがないと解散の決意もできないでしょう!
という、すごい、思うよね。
バンドがあるっていうのは、こうやってまぁ我々スカパラも二十何本とライブやっていると
バンドがあるなんて当たり前!なんて思ったりしてるけど
やっぱりさぁ、それだけの人間が偶然集まったっていうことだけでもスペシャルなのにね。
こう、最高のスタッフと共に皆結構元気でさぁ、こう、全国回れたり、ね
ヨーロッパに広げたりとかいろいろやれてるのは
ほんとにね、スペシャルなことなんだなって改めて思いますよね。
まぁ、とにもかくにもこう、皆思ってる夢、全然不可能かなーとか思わないほうがいいよ。うん。
あの、とにかくやんないと、何にも始まんない。
始めないとこうね、挫折もないし。うーん。
とにかく一歩、前進してみよう!
っていう、そういう気になるね!
KEMURIの曲って聴いてるとほんとに、ポジティブ、ポジティブな気持ちに、さらになりますけれどもね。


さて番組では皆さんからのメッセージお待ちしています。
PCケータイ共に番組HPからお送りください。
さらに毎週木曜日には今日の放送後記やスペシャルコンテンツのあるメールマガジン、配信中です。
登録などの詳しい情報、こちらも番組のHPをご覧になってみて下さい。
さ!えー今夜は最後に僕茂木欣一がセレクトしたナンバー、聞きながらお別れです。
あのー山崎まさよし。あのー、カバーアルバムね。
洋楽のカバーアルバムと邦楽のカバーアルバムと、出ましたけれどもね。
あのいろんないい曲、やってんですけど、とにかく、きちゃったよ!あれが!
フィッシュマンズのね、「いかれたBaby」を、あのー山崎くんが歌ってて
これがねぇ、・・・めちゃめちゃいいんだわ。
あの発売した当時、全然売れなかったんだけど
もうとにかくなんで売れなかったのか、当時僕にはさっぱりわかんなくて
この曲がなんで、あの皆に届かないんだろ?って不思議に思ってましたけれども
時が流れたらね、なんか山崎くんとかに、こう、カバーされるように、という感じになってて
もうそれはもうすごい幸せですね。
じゃあそれを聞いてお別れしましょうか。
ということでここまでのお相手は東京スカパラダイスオーケストラの茂木欣一でした。
明日からの週末、お休み!という人はね、お疲れ様!
まぁでも明日からも仕事、明日も仕事ある人、多いと思うよね。年末だからね。
学校があるって人もがんばってください!
ということで、来週のこの時間までバイバイ!


♪いかれたBaby

COMMENT

待ってました!
Mr.GAMO!いいねぇ。あったかいねぇ。
「楽屋が1人だけ個室」でちょっとプッと
笑っちゃいました。愛されていますねぇ。
今週も欣ちゃんの声が聞けて嬉しかったデス♪ピグミーさん、ありがとう!
2007/12/11(火) 20:51:52 | URL | にゃご [Edit
>にゃごさん
唯一個室ってところがミソですよね!
GAMOさんも幸せものですね~。
ほんとあったかくていいなぁ~って思う放送でした(´∀`)
2007/12/11(火) 23:40:24 | URL | ピグミー [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

ピグミー

Author:ピグミー
【生息地】
 光と闇が交差する街・東京
【職業】
 貧乏学生3年目
【好物】
 東京スカパラダイスオーケストラ&other works(命の源
 ジャズ、ラテン、ボサノヴァ(詳しくはない
 四季を体いっぱいに感じること
【趣味】
 サックス(下手の横好き
 料理(超自己流
【特徴】
 雨女
 声はデカいが体は小さい(under 150)
 早とちり魔
 凝り性
 好きなことにはとことん打ち込む
 涙もろい
 人見知りが激しい
 年齢不詳(いろんな意味で
 小心者 but ときに大胆
【参戦予定】TSPO
 東京スカパラダイス国技館(3/27)
 東京スカパラダイス体育館(4/24)



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最新の記事



ブログ内検索



11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 雨女の軌跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。