スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空白は一瞬にして埋まり

帰宅したら、居間のテーブルの上に
かわいらしい封筒が一つ、置いてありました。
こういうもののほとんどは自分宛なので
誰だろう?と見てみると
もう何年も連絡を取っていない、友人からでした。

急いで自分の部屋に行って、手紙を開いて
懐かしい文字を見た途端
泣きだしてしまいました。
声を上げていました。
タオルで拭っても拭っても、涙は止まりませんでした。

彼女は、私の人生において
初めて「親友」と呼べる人でした。
そして
友だちの大切さを、身を持って教えてくれた人でした。

彼女と出会うまで
私は「友情」という言葉の意味が理解できませんでした。
赤の他人を大切に思う、という
その心がわからなかったのです。

そんな私を「親友」と呼び
仲良くしてくれた彼女ですが
彼女との関係は、突然断たれました。
でも私は
心のどこかで彼女のことを思っていました。
元気に暮らしているかな
幸せになれているかな、と。
ちょっと特殊な事情で離ればなれになったので
安易にこちらから連絡を取ることができずにいました。

だから、手紙が来て
本当に、本当に、嬉しかった。
こんなに嬉し泣きしたの、人生で初めて。

便箋3枚に渡る手紙には
突然連絡を取らなくなってしまったことに対する謝罪
当時の心境
私に対する思い
そして
手紙を書くきっかけが書かれていました。
このきっかけがまた、彼女らしいもので
大掃除をしていたら、最後に会った日に私が彼女に渡した手紙が出てきたから
なんだって。
それでいてもたってもいられず
真夜中にペンを執ったそう。
あの頃と全く変わっていない彼女の姿が文に現れていて
思わず、ニンマリ。

顔をぐちゃぐちゃにしながら手紙を読み終えたら
今まで胸につかえていたものが
溶けてなくなっていったのを感じました。
私にとって彼女が大切な存在だったように
彼女にとっても私が大切な存在だったということが分かって
今だったら
彼女と正面から向き合えることができる、と思いました。

あの日から今日までの数年間の空白が
一瞬にして、埋まりました。

会えるなら、すぐに会いたい。
会ったら、どんなこと話そう?
お互いが知らない、これまで過ごしてきた時間を
心行くまで報告しあいたい。
そんなこと想像してたら
自然と笑顔になっていました。

思えば、別れたあの日から
当時の辛さが蘇ってくるから、と
知らず知らずのうちに、彼女との思い出を封印していました。
それも今日で晴れて解禁です。

こんなに嬉しいこと、あっていいんだろうか?
ってくらい、嬉しいです。
文句無しで、今年嬉しかったことNo.1です!!
手紙を書いてくれて、本当にありがとう!!

そして、皆さんにも、いいことがありますように!!
CATEGORY : 日記

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

ピグミー

Author:ピグミー
【生息地】
 光と闇が交差する街・東京
【職業】
 貧乏学生3年目
【好物】
 東京スカパラダイスオーケストラ&other works(命の源
 ジャズ、ラテン、ボサノヴァ(詳しくはない
 四季を体いっぱいに感じること
【趣味】
 サックス(下手の横好き
 料理(超自己流
【特徴】
 雨女
 声はデカいが体は小さい(under 150)
 早とちり魔
 凝り性
 好きなことにはとことん打ち込む
 涙もろい
 人見知りが激しい
 年齢不詳(いろんな意味で
 小心者 but ときに大胆
【参戦予定】TSPO
 東京スカパラダイス国技館(3/27)
 東京スカパラダイス体育館(4/24)



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最新の記事



ブログ内検索



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 雨女の軌跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。