スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今だったら」

保育士試験勉強と格闘中に
気分転換にと
昔もらった手紙の束を読み始めました。

友達から
部活の先輩や後輩から
いろんな人からもらった手紙。
そう、やすやすと捨てられません。
それぞれが思いを込めて書いてくれたもの。
「この8割はお世辞だろー」
「これって当たり障りのないことばっかり・・・ほんとに私向け?」
ってのも、またいい思い出だったりする。
高校の部活で行事の後には手紙を渡すっていう暗黙のルールがあったから
しかたない、しかたない。


そんな感じで、たまに読み返すのですが
主に高校時代のものが中心で
中学時代のものは、ずっと手をつけていませんでした。
でも試験勉強でラリってた私は
どうしても中学時代のが読みたくなって
手紙がたくさん入った、埃だらけの紙袋を
引っぱり出してきました。


なぜ中学時代のものを避けてきたかというと
高校時代が楽しかったからが表向きの理由。
本当は・・・








大切な友達をなくしてしまったから。









一番仲がいい(と、私は思っていた)友達・Yが
トラブルに巻き込まれて
学校を去っていったのです。


トラブルの種をまいたのはYだから
自業自得だともいえます。
実際、当時そう言っている人もいました。
でも一番近くでYを見ていた私にしてみれば
とても納得のいく結果ではありませんでした。


とにかく、理由が不明瞭だったのです。
彼女が学校を去らねばならない理由が。
事件の概要をYは語らなかったので
人伝に聞いて、初めて知りました。
私のことを「親友だ」と言ってくれていたのに
肝心な時に、何で話してくれないの、と
悲しい、悔しい、虚しい、いろいろ混ざった感情が
ぐるぐると、自分の中で渦巻いていました。
結局Yの口から真実が語られることはなく
Yとは離れ離れになりました。
事件の後から転校する日まで、直接彼女に会うことはできなかったので
人に頼んで、私の想いを書いた手紙を渡してもらいました。


少し日にちがたってから
つまり
事件のほとぼりが冷めたころに
彼女は再び学校に現れて
ちゃんとお別れをしました。
その時、一枚の手紙を、彼女は私にくれました。
なぜかその場で開いてはいけない気がしたので
家に帰ってから、読むことにしました。


手紙の中身は事件の内容とこれからも友達だよ、という言葉
そして私が渡した手紙への返事が書かれていました。
「ピグミーが思ってるほど、適当に生きてないよ」
と。


Yは平和ボケしている私には到底理解できないような
心の闇を抱えていました。
私はそれを理解しているつもりでいて
全くもって、理解できていなかったのです。
今思えば、生意気な言葉もたくさんかけていたことでしょう。
それでもYは
「ピグミーと一緒にバカ騒ぎしてる時が一番楽しい」
と、いつも私の横にいてくれました。
親友だと、何度も言ってくれました。
なのに、私は自分の思いをぶつけるだけの手紙を
彼女と交わすのは最後かもしれない手紙に書いていたのです・・・。



今だったら、彼女の心の声にきちんと耳を傾けられるのに
今だったら、もう少し気の利いた言葉をかけられるのに
今だったら、あんな事態になる前に力になってあげられるのに
今だったら、彼女を傷つけるような手紙を書いたりしないのに
今だったら、「私はYの親友です」と胸を張って言える行動が取れるのに
今だったら・・・
今だったら・・・・・・



その後、一度だけ、メールのやり取りをしました。
Yがメアド変えました、と連絡してきたので
それに便乗して「元気?そっちでも上手くやってる?」とメールしました。
何通かやり取りして・・・
それっきりです。


これまで何度も彼女に連絡を取ろうとしました。
でも、どうしても送信ボタンは押せません。


最後にメールをしたのは4年前。
頻繁にメールアドレスを変えていたはずのYから来ない、ということは
すでに私は過去の人になっているのかもしれません。
それとも私と一緒で、連絡しずらいのかな。


Yがいなくなった後の中学生活は、他の友人たちに支えられて平穏に過ぎ
高校時代はめいっぱい、青春をエンジョイできました。


それでもやっぱり、心に引っ掛かっているのは、Yのこと。
すっごく会いたいんです。
だけどどんな顔していいのか
どんな言葉をかけていいのか
わかりません。
それに、怖いんです。
Yが私のこと、どう思っているのかを知るのが。
私は今でも「親友」だと思っているけど
彼女はどうなのか。
もともと友達は多かったみたいだし
新しい学校でもすぐ友達ができたと言っていたから。


つい先日も、本文を打っておいて
送信できずに、消してしまいました。


Yにメール送れる日はいつになるんだろう。
そして
笑顔で会える日は、来るのだろうか・・・。








なんだか、自分で何書いているのか分からなくなってきたので
ここでやめときます。













ちなみに手紙は今も、大切にしまっています。
CATEGORY : 日記

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

ピグミー

Author:ピグミー
【生息地】
 光と闇が交差する街・東京
【職業】
 貧乏学生3年目
【好物】
 東京スカパラダイスオーケストラ&other works(命の源
 ジャズ、ラテン、ボサノヴァ(詳しくはない
 四季を体いっぱいに感じること
【趣味】
 サックス(下手の横好き
 料理(超自己流
【特徴】
 雨女
 声はデカいが体は小さい(under 150)
 早とちり魔
 凝り性
 好きなことにはとことん打ち込む
 涙もろい
 人見知りが激しい
 年齢不詳(いろんな意味で
 小心者 but ときに大胆
【参戦予定】TSPO
 東京スカパラダイス国技館(3/27)
 東京スカパラダイス体育館(4/24)



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最新の記事



ブログ内検索



10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 雨女の軌跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。