スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/9放送分 The Police特集!

今日は楽器の調子がよくて、吹いてて楽しかったなー♪
なのに帰宅したら父親の機嫌が悪くて、萎えました。しょぼんぬ。

さ!今週も参りましょう!
JUSTA RADIO、始まるよっ!
皆さん、こんばんは!東京スカパラダイスオーケストラ、茂木欣一です。
JUSTA RADIO、東京・半蔵門にあるTOKYO FMからお届けしま~っす。

さ!我々東京スカパラダイスオーケストラ、現在Autumn-Winter TOUR真っ最中ということでね
昨日は、山口県下関市民会館でライブを行いましたけれども
明日はいよいよ島根県民会館!!楽しみですねー。
もうねー、島根行く事に関しては特に!Gtの加藤隆志!
やっぱりね、鳥取県出身ということで山陰地方にはもう、熱い!
非常に熱い男でねぇ!
島根県行くって決まった時点からもう、地元の、あのーテレビ局の
こう取材かなんかの番組で非常に熱く語ってましたね!もうね!スゴイ。
でもこれあの、ホントに楽しみにしております。
えー山陰地方の皆さん、えーこれをね、まぁ聞けない、この番組は聞けないかも(笑)しれないけど
熱気を持っていくんで、えー楽しみに待っててくれてるだろうな!って感じですね。

さて!今夜のJUSTA RADIOですけれども
え、先月、キャロル・キングをピックアップしました、LEGENDシリーズ!
これがですね、リスナーの皆さんから好評だったことを受けまして
毎月、えー第二週目の放送はLEGENDシリーズ、こちらの方放送していきたいな、と思っております。
で、ピックアップするのはですねー、今年、様々な話題を振りまき
我々スカパラのメンバーも大好きなThe Police!ということでね
あの、再結成、来日決定ということで。
一回The Policeは以前、何年か前に特集したことがあるんですけれども
ここで改めて!も一回、そのときとは違う選曲でおとどれ(噛みました)、お届けしたいなと思っておりますので、楽しみにしてもらいたいと思います。
それではこれからの30分間、最後までヨロシク!


♪REGGATTA DE BLANC


東京・半蔵門にあるTOKYO FMからお送りしております、JUSTA RADIO。
えー今夜は最近ですね、もう様々な話題を振りまき
我々スカパラのメンバーも大好きなThe Policeを特集します。
今聴いてもらったのは、えー1979年のアルバム「白いレガッタ」というアルバムからタイトルトラックですね。
「REGGATTA IN BLANC」・・・INじゃないね。
「REGGATTA DE BLANC」。これフランス語だよね。
「白いレガッタ」、タイトル曲を送りしました。
あのー、スカパラメンバー皆でね来年2月の来日公演、行こうと思っているんですけれどもね。
この前もあのー、ツアー中移動、ライブ終わって移動の車ン中でポリスの話題になって
川上つよしがね
「オープニング曲はなんだと思う?」
ってなことを言っててですね。
僕は勝手にこの「白いレガッタ」が一曲目なんじゃないかなぁ、というか
この曲がオープニングで演奏されたら、俺もう絶対鳥肌立つな!という
勝手なね、こう妄想を膨らませたり、してますけれどもね。
果たして、沖祐市はどう思ってるんだろうな!一曲目なぁ!(少々ため息交じり
楽しみですねー!
ホントにスカパラのメンバーも大好きなThe Policeですけれどもね。
来年の2月に、The Police来日、決定!ということでね。
もうホントにポリス熱、上がっております!
で、あのーポリス特集、JUSTA RADIOで特集するのは2回目なんで、一応前回の選曲を見てみると
えー、今バックでかかっている「孤独のメッセージ」
それから、えー、二曲目はこれ長かったですけど、タイトルが長いんですけれども
「When the World Is Running Down, You Make the Best of What's Still Around」
これは沖祐市がポリスの中で一番好きだという曲で有名ですけれどもね。
そしてえー、最後には「King of Pain」、え、全米No.1ヒット曲ですけれども
その三曲をかけておりますけれどもね。
今回はまた違う曲を選んでいきたいと思います。

で、あのーThe Policeというバンド、知らない!
全然知らない!っていう方もいらっしゃると思うので、えー、説明しておきたいと思います。

えー、1977年ですね。ちょうど・・・30年前ってことになるか!
えー、スチュワート・コープランド、ドラマーですね。
スティング、ベースギター&ボーカル。
そしてアンリ・パドゥバーニ、ギターというメンバーでまず結成されました。
で、77年5月にデビューシングル「Fall Out」という曲を発表ですね。
前後して二人目のギタリスト、アンディ・サマーズがここで加入します。
あのー、アンディ・サマーズはねぇ、もう1960年代からずっと音楽活動を続けてきてたベテランのミュージシャンでね。
だからスティングとかスチュワート・コープランドとはちょっと
えー世代が違う、一回り上な、えーミュージシャンで、正式な音楽教育も受けておりました。
で、あのー翌78年ですね。
いよいよコープランド、スティング、サマーズのトリオ編成となったポリスが
A&Mレーベルから「ロクサーヌ」でメジャーデビューという、ね。
三人の音楽はもう、ジャズ、レゲエなどの要素を含んだ高度なものだったんですけれどもね。
ちょうど、その頃あの、パンクブームが、もうイギリス中で巻き起こってまして
バンドはその波に乗りですね、その年の11月の、発表されましたデビューアルバム「アウトランドス・ダームル」は
ホントに翌79年に全英チャート6位まで上昇ということで、一気に話題を集めましたからねぇ。
で、あのー僕も大好きなづいて発表されたシングル「孤独のメッセージ」、これがもう大ヒット!
そして、一曲目かけました2ndアルバム「白いレガッタ」はもう全英チャートNo.1、という感じでね。
もうホントにあの、ちょうど僕はリアルタイムでは、その「孤独のメッセージ」という曲が
もうリアルタイムで「すっげーカッコイイバンド!」とか思ってね
79年、うーん、非常にチープ・トリックと共にもう、燃えに燃えたバンドだったり、しますけれどもね。
そしてバンドは以降、82年までの間に一連のシングルとアルバムを大ヒットさせて
名実共にロックシーンの頂点、立った!というわけなんですけれどもね。
1983年、アルバム「シンクロニシティ」が全米、全英、もう両方のヒットチャートを制覇して
すごかったねー!このときはホントにねー!
でー、もう超有名なシングル「見つめていたい」ですね、Every Breath You Take。
えー、それ以降4曲のヒット曲連続で、もう名曲ぞろいですけれどもね。
素晴らしい活動をしていました。
で、その後メンバーはソロ活動が本格化して
ま、86年には新作の製作開始が伝えられていたんですが
まもなくポリスは活動を終了しました。ね。
でもねーご存知の通り、スティングはその後もソロアーティストとして成功しつつ
ポリス人気って言うのも全然衰えることなく、2003年、ポリスはロックの殿堂入りを果たしまして
それを祝う式典で久々に3人が集まって、ライブパフォーマンスを披露した、なんて話もありましたがっ!!
2007年、ついに!本当に!再結成!
来年2月に来日決定!ということでね、ちょっと興奮してますねー。

もうやっぱり、あのー、ほぼリアルタイムで当時のポリスと出会えたんで
そうですね、当時のさの(「その」を噛みました)パンクのムーヴメント、思い出しますねー。
僕の大好きなプリテンダーズとかスペシャルズとかエルヴィス・コステロとか・・・うーん
その頃の最高のブリティッシュサウンド、ホントに堪能していた、あの頃の自分を思い出したり、しますけれどもね。
じゃあポリスの曲、いってみましょう。
次は、えー最高傑作と称されてますが、「シンクロニシティ」のアルバムからこの曲をいってみましょう。
The Policeで「SYNCHRONICITY Ⅱ」


♪SYNCHRONICITY Ⅱ


聴いてもらっているのはThe Policeで「SYNCHRONICITY Ⅱ」ですね。
「シンクロニシティ」に入っているナンバー。
これはシングルとしても大ヒットしましたけれども、これ!
これのね、プロモーションビデオがねぇ、もう三人が今見ると
80年代前半以外に考えられない、ちょっと恥ずかしいというか、あの格好は(笑)
非常に微妙な格好で(笑)、撮影されたプロモーションビデオがあるんですけれどもね。
ほんとにポリスはちょっと服装のセンスが非常に微妙だった(笑)記憶がありますけれどもねー(笑)
ホントにね。80’sってスゴイ時代だったよな。

今夜はえー、現在、23年ぶりのワールドツアー中、再結成しましたThe Police、特集しております。
最近の話題で言うと、えー7月には
ノーベル平和賞を先日受賞したアル・ゴアという方が主催するイベント・Live Earthに出演しましたね。
それからー、先月ですけれども、フランス政府から
ポリスが創造した新しいサウンドが文化の普及に貢献した!として
フランス芸術文化勲章・シュバリエ(?)
これ、何?授与されてるんだ!すごいねぇ~。
色々そういうことがあるんだね。
まぁ、授与されたからすごいってワケでも、ないんだろうけれども
それくらい、でもポリスの存在っていうのは、もうホントにでかいものですよねー。
うーん。ほんとに、あのー、ま、ビートルズが一番デカいっちゃデカいんだろうけど
ポリスのあのー、音楽界に与えたものってのも、ホントにデカくて
もう僕らも間違いなく刺激を受けてますけれどもね。

そう、何気なく、あのーさっきもスカパラのメンバーと云々って話してましたけれどもね
ポリスってあのー、YMO、イエローマジックオーケストラとね
あの、今ちょうど「SYNCHRONICITY Ⅱ」をかけたからっていうのもあるかもしれないけど
あの、なんとなく、シンクロしているような気がしてですね。
ちょうど活動時期が70年代の終わりから80年代の前半ぐらいだったりとか
ま、トリオ編成ってのもあるんですけれどもね。
で、また、あのー、う、あ、再集結のタイミングみたいなものも非常に、なんかシンクロしているような(笑)
ね。気がしてしょうがないんですけれどもね。
そしてあくなき音楽への探究心という。
非常になんかシンクロしたものを感じさせるんですけれどもね。
やっぱりそうしたベテランミュージシャンのこう、常に音楽に関して夢中になっている姿とか見ると
もー、俺たち世代も負けられない!っていう気持ちに、もうますます盛り上げて、盛り上がってきましたけれどもねー。ポリス。
次はねー、来日公演、絶対この曲やると思うんですけれど
これイントロ聴いたら間違いなく、ぐっときちゃって
涙腺が、うるうる来ちゃうんじゃないかと思う、そんな曲をかけてみたいと思います。
デビューアルバムに入っています、「ROXANNE」


♪ROXANNE


ポリスの、超名曲ですね~。「ROXANNE」、聴いてもらっています。
う~ん、ぐっとくるなぁ、やっぱりなぁ!う~ん。ね。
これを23年ぶりの世界ツアーしてるポリスが、日本で演奏してくれるようなことを想像するだけで
ワクワクして、きちゃうな~(ほんと楽しみ、という感じの言い方
ほんとポリスは素晴らしいバンドだと思いますね。
もうあのー、この三人よくぞであった!!という話ですよね。
スティングのね、あのもう、明らかに無敵だよ!!
もう声質とね、そして抜群の歌唱力。
そしてもうスチュワート・コーポランドのやっぱね、あの人のドラム、すごいね!
もう、スピード感も素晴らしいけど、やっぱり、そうだなー。
や、ま、レゲエも相当研究・分析しているんだと思いますけれどもね。
やっぱりセンス、抜群ですね!うん。
楽器のチューニングもこう、どくと・・・独特というか。
ほんとに、うーん、スチュワート・コープランドからはたくさんの影響を受けておりますね。
ちなみにスカパラのあのー、僕参加してからの一連のあのー、レコーディング、ライブは
スチュワート・コープランドモデルのスネアを使ってますけれどもね(笑)フフフ。
アンディ・サマーズのギター!あれ最高だよね!もうこの人のギター、変だよね!
もう一筋縄じゃないっ!んですよね。
独特の、ギターサウンド、もう鳴りが違うもんね!うん。
だからベースの作り方一つとっても、どういう頭の構造をしているんだろとね
頭の中をほんとに見てみたいな!って感じがしますね。
こう、そういうの一つにまとめて出合ったときにほんとにね、ケミカル・リアクション!
というのはね、化学反応が起きるわけですけれども。
まぁバンドがあるべき理想の形の一つじゃないかな、と思いますね。
やっぱり生楽器の魅力ってものは、うん、ほんとに、ほんとに最高だね!
って改めて聴きなおしてみるとね。
ほんとに、もう僕はバンドってものの存在感を、一生愛し続けるなってことをまた改めて考えちゃいますね。うーん。
最高だよね、こんなバンド。ほんとにね。
じゃあ、あんまり自分のことばっかりしゃべってるとしょうがないんで
ポリスの名曲、もう一曲最後にいってみましょう。
この曲!


♪WRAPPED AROUND YOUR FINGER


東京・半蔵門にあるTOKYO FMから東京スカパラダイスオーケストラ・茂木欣一がお送りしています、JUSTA RADIO!
聴いてもらっているのはポリス、「WRAPPED AROUND YOUR FINGER」。
もう僕、この曲がものすごい当時は、ま、今も大好きだけど
当時すっごく好きでねぇ、あのー、12インチシングル買いに行った記憶がありますね。
もう、この曲を好きなときに何回も聴けるように!ってね。
いや、でも当時高校生とかだから、あのー12インチシングルを買うっていうのは勇気いるんだよね。
そのお小遣いが限られてるからさ。
でもそのぐらいこう、好きだったんだな、という記憶が、よみがえってきましたねぇ・・・。

さて!今夜はえ、LEGENDシリーズ・The Police特集していきましたけれども、いかが、でしたでしょうか!
いやぁ、ほんとにね(照笑)
来年(笑)、ほんとに来るぞ来るぞ!ポリスが!すごいぞ!うーん。
皆すごい元気みたいなんでね、3人ともね。楽しみですけれどもね。


さて、番組では皆さんからのメッセージ、お待ちしております!
あのー、LEGENDシリーズで特集して欲しいアーティストのリクエスト、そちらのほうも待っておりますのでね。
PC、ケータイ共に番組HPの方からお送りください。
さらに!毎週木曜日には今日の編集後記やスペシャルコンテンツのあるメールマガジン、配信しております。
あのー、最近はですねぇ、ツアー報告などなど色々しておりますのでね、ぜひぜひ。
登録の方など詳しいことは番組HPをご覧になってみてください。
スカパラはねぇ、こう、ツアー続いておりますけれどもね、新しい曲もいっぱい作っておりますよ!
ほんとに楽しみに待っていてください!
ということでJUSTA RADIO、ここまでのお相手は東京スカパラダイスオーケストラ・茂木欣一でした!
明日からの週末お休み!っていう人は、一週間、お疲れ様でした!
明日も仕事や学校がある!という方、頑張ってくださいね!
それでは来週のこの時間まで、バイバイ!

COMMENT

今週もありがとう!
なんだか今週の欣ちゃんはアツイねぇ!
テンションの高さが文字から伝わってくるよ!
ワタシも行きたいな、このライブ…。


そうそう!別件だけど、もっとカッコイイ写真って?????
見たーーーーーーーーーーい!!!!!
2007/11/12(月) 08:42:26 | URL | にゃご [Edit
>にゃごさん
そうなんですよ、聞いてるこっちも楽しくなるような放送でしたよ!
欣ちゃんがいかにポリスが好きかが、十二分に伝わってきましたねー。
今度ポリスの音源、聞いてみようかな♪

写真・・・写真ですね。ハイ。
追って連絡いたしますー。
2007/11/12(月) 12:51:48 | URL | ピグミー [Edit
ラジオレポありがとうございました!!

これで私の心も癒えました。(^^)
この間Police来日公演のCMを見て、これにみんな行くんだなー?って一人でニヤニヤしてしまいました。

私もPoliceの音源聞いてみたいですね!
NARGOさんの写真、私も気になるんですがー!
2007/11/12(月) 13:01:52 | URL | ゆっきー [Edit
まるで少年。
きょうも欣ちゃんはますます熱いですね。
そのテンションこっちまで移ってきそう。
ピグミーさんありがと~

なんだかほんと音楽大好きな少年って感じです。
ポリスのLIVEできゃっきゃ嬉しそうなスカパラのみなさんを見てみたいですっ
みんな瞳がキラキラしてそうです。
2007/11/12(月) 13:36:55 | URL | 紋白 [Edit
>ゆっきーさん
大の大人(平均年齢40越え)10人が、楽しそうに演奏を聴いている姿が容易に想像できますね^^
っていうか飛び入り参加してセッションすればいいのにー!!

しゃ、写真ですね・・・えぇと、はい。
詳しくはメッセします。

>紋白さん
いつも我々をきゃっきゃさせてるメンバーが、逆にきゃっきゃしている姿、見てみたいですねー。
それ目的に行っちゃいますか、ポリスのライブ!笑
2007/11/12(月) 20:04:08 | URL | ピグミー [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

ピグミー

Author:ピグミー
【生息地】
 光と闇が交差する街・東京
【職業】
 貧乏学生3年目
【好物】
 東京スカパラダイスオーケストラ&other works(命の源
 ジャズ、ラテン、ボサノヴァ(詳しくはない
 四季を体いっぱいに感じること
【趣味】
 サックス(下手の横好き
 料理(超自己流
【特徴】
 雨女
 声はデカいが体は小さい(under 150)
 早とちり魔
 凝り性
 好きなことにはとことん打ち込む
 涙もろい
 人見知りが激しい
 年齢不詳(いろんな意味で
 小心者 but ときに大胆
【参戦予定】TSPO
 東京スカパラダイス国技館(3/27)
 東京スカパラダイス体育館(4/24)



最近のコメント



カテゴリー



月別アーカイブ



最新の記事



ブログ内検索



06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © 雨女の軌跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。